純正ガラス

純正ガラスとは自動車メーカーのロゴ入りガラスです。(一部のガラスにはロゴマーク未記載の物も有ります)
弊社は全国産自動車メーカーガラスの指定店(SS店)です。(トヨタ/ホンダ/マツダ/スズキ/スバル/ダイハツ/三菱/日産/日野/ニッサンディーゼル/イスズ/ふそう)
指定店(SS店)とは自動車メーカーの純正ガラスを優位に取扱いする事のできる限定された自動車ガラス専門店のことです。
国産車用優良品ガラス

自動車メーカーロゴの無い国内生産の自動車ガラスです。
自動車メーカーさんはガラスを作っていませんので、日本国内のガラスメーカーが自動車メーカーさんのガラスを作っているんです。 純正ガラスとの違いは自動車メーカーさんのロゴの有無です。
同じ工場での生産ですので商品の品質は純正ガラスと同等です。 もちろん車検もPASS出来ます。
国産車用 輸入品ガラス

タカノでは国内大手メーカーの海外工場で生産された商品を輸入ガラスとして販売しております。
生産コストが抑えられるため低価格ですが、商品によって品質にバラツキがあり安定した品質を確保できていません。
車検はPASS出来ます。

【ご注意】  一部のNetオークションや通販などでよく販売されている輸入ガラスは、現地法人で生産されたガラスなどもあります。 これらの商品は特に低価格なので、歪み・曲がり不一致、合せガラス内部の異物混入、表面傷などのリスクが有ります。
 
 
ギヤマン  エンジェルガード Speedgrass パーツネット ガラス交換補償

グラスピット クールベール 安心ガラス補償 (グラスピットの安心ガラス補償は浜松営業所のみ対応可能)


ウォータースポット 除去

降雨後、車両に付いた水滴を放置しておくと水分だけが蒸発します。
すると、雨水の中のカルシウムやケイ素成分などが主に濃縮されます。
そのまま放置すると濃縮された成分は空気に触れ酸化します。すると、酸化カルシウムや酸化ケイ素に変化してしまいます。
ボディや空気中の汚れなどと一緒に固まった酸化カルシウムや酸化ケイ素がウォータースポットと成ります。
鱗状にこびり付いてしまったウォータースポットは、ガラス研磨しなければ除去できない場合が有りました。ウォータースポットはガラスと同等の硬度と言われており、ガラス研磨する事によって除去する事も可能ですが、均一に研磨する技術が必要です。
しかし、2種類の最新の特殊溶剤を使い分けする事によってこびり付いたウォータースポットはスムーズに除去できます。
又、乗用車に多く採用されているプライバシーガラスや撥水ガラスなどは特にウォータースポットが発生しやすいのです。

ガラス研磨 ワイパー傷 油膜

ワイパーゴムに挟まって砂利等で、ガラスに細かいキズがついてしまった場合や、ガラスを洗っても、曇って視界が悪い頑固な油膜、シリコン汚れなどは最新式特殊研磨機により綺麗に除去できます。
傷・汚れ等の状況によって除去できない場合もございますので、ご依頼時に判断させていただきます。
撥水コート

*グラスピット ウェルビューU(プロの技術で高品質施工!)
*ギヤマン リペライトV(プロの技術で高品質施工!)
*PPG アクアペル(プロの技術で高品質施工!商品の単品販売も可能です。)

プラスチックのカプセルに入った使い切りタイプのガラスの撥水コート剤です。
1本でフロントウィンド+フロントドアガラス左右のコーティングが出来ます。
カーショップなどで販売されている一般的なコート剤の6倍以上の耐久性があります。
施工は本体をパチンと摘む事によって溶剤が本体フエルトに浸透しますので手を汚さずウィンドに塗布できます。 1度塗ると約6ケ月間効果が継続します。


建設機械用特殊ガラス

ショベルカー・ホイールローダーなどのガラス交換作業


鉄道車両用特殊ガラス

船舶用ガラス